頴娃町

農と暮らし

茶や、


わたしたちの暮らす頴娃町はとても自然豊かなおだやかなまちです。水平線を望める東シナ海、一面に囲まれた茶畑。そしていつもわたしたちを見守ってくれる開聞岳と大野岳。都会のような華やかなものはないけれど、わざわざ来てでもみたくなる絶景と、季節を感じることができる美味しいお茶やお野菜があります。頴娃に暮らしてから、1日1日がより愛おしく、大切に感じるようになりました。長く暮らせば暮らすほど、頴娃の魅力にはまっていくわたしが居ます。

頴娃町は農家さんが多く、農が中心の暮らしです。日が昇ると畑に出かけ、天気と相談しながらその日のしごとに取り掛かります。お昼になると畑でお弁当を食べたり、一度家に戻り家族と一緒にお昼ごはん。夏はいちばん暑い時間はお昼寝をして、日が沈むぎりぎりまでしごとに励みます。冬は日が沈むのが早いので、夕方には家に戻り倉庫や小屋で野菜の出荷調整を。

雨の日には臨時休業で家族とのじかん。農家さんは誰よりも季節やじかんの移ろいを感じています。

大野岳の麓に「茶や、」はあります。

まわりをお茶畑に囲まれたこの場所は、頴娃の中でも飛びぬけて美しい景色が広がっています。新茶の時期は茶葉が黄緑色に輝き、まるで光を放っているよう。冬はじっと寒さに耐え、美味しさを逃さまいと深い緑でベールを覆っているよう。茶や、では四季を感じながら、お茶や農作物の魅力を体感するイベントの開催や、これからの頴娃の農ある暮らしを持続させるための様々な仕掛けを行っていきます。レンタルスペースとしてもご利用いただけます。


茶や、

〒891-0701

南九州市頴娃町郡5020-1

 

050-3567-1850

 

管理・運営 暮らしの宿 福のや、

 

※暮らしの宿 福のや、は「日本ファームステイ協会」正会員です。